FRP防水のベランダの防水性を保護・再生し住まいを守る「リガードシリーズ」

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

FRP防水のベランダを保護し、大切な住まいの長寿命化に貢献

FRP防水のベランダ専用改修塗料「リガードシリーズ」。表面コーティングによってベランダの美観をよみがえらせるだけでなく、防水性・耐候性を向上し住まいの長寿命化に貢献する塗料です。

ベランダのメンテナンスが必要な理由

ベランダは、建物の中でも最も水が溜まりやすい箇所。そのため、新築の木造住宅のベランダの大半はFRP防水が施されています。

しかし、紫外線や雨水に曝されているうちに、ベランダのFRP防水は劣化します。そのまま放置していると、雨漏りや建物自体の劣化に繋がる可能性もあるため、定期的なメンテナンスが必要となります。

FRP防水ベランダのメンテナンスのサインとは?

FRP防水ベランダに次のようなメンテナンスのサインが見られる場合、ベランダ防水の改修提案を行う必要があります。※屋根の有無や日当たりなどのばく露環境、および清掃やダメージの有無などにより、劣化症状の発生時期は変動します。

リガードシリーズを用いた2つの工法

①トップコート工法

FRP防水のベランダの初期の劣化症状を放置していると、トップコートの保護性能が低下していきます。リガードトップは紫外線に強く、ベランダの表面をコーティングすることで、防水層を保護できます。リガードトップのメンテナンス周期は5~8年のため、定期的な塗り替えが推奨されます。

【使用塗料】リガードトップ・リガードプライマー

防水性の保護を目的としたトップコート工法を行うには、リガードトップを用います。

リガードシリーズを用いた工法②ウレタン塗膜防水工法

FRP防水のベランダの中期の劣化症状を放置していると、FRP層が劣化し防水性が低下します。防水性が著しく損なわれると、基礎部(合板・根太)まで水が浸入し、腐食してしまう危険性もあります。
リガードベースは、水を通さない性質があるため、ベランダに塗装することで、防水層を保護するとと藻に、防水性をよみがえらせます。

【使用塗料】リガードベース・リガードトップ・リガードプライマー

防水性の再生を目的としたウレタン塗膜防水工法を行うには、リガードトップ・リガードベース・リガードプライマーを用います。

製品情報

製品ラインナップ

製品データ・対応素材

リガードトップ
強溶剤形二液ベランダ専用ウレタン系上塗材
【対応素材】ベランダ・バルコニー(FRP防水下地)
【荷姿】18kgセット(A液:15kg B液:3kg) or 6kgセット(A液:5kg B液:1kg)
【色】グレー
【可使時間】4時間以内(23℃)
リガードベース
無溶剤形一液ベランダ専用ウレタン系塗膜防水材
【対応素材】ベランダ・バルコニー(FRP防水下地)
【荷姿】18kg
【色】グレー
リガードプライマー
強溶剤形一液ベランダ専用ウレタン系上塗材
【対応素材】ベランダ・バルコニー(FRP防水下地)
【荷姿】16kg、4kg
【色】透明
リガードシンナー
リガード専用希釈剤
【荷姿】16ℓ
【色】透明

この記事を読んだ人におすすめの記事

    おすすめの記事はまだありません。

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる