IT活用  2021.08.10

【販促コスト0円】誰でもできる!Facebook活用による紹介案件獲得の方法

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

昨今の塗装業界では、「地域一番店」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

地域一番店を目指すにあたって、重要な取り組みの1つに、「地元での認知活動を増やすこと」「紹介案件を増やすこと」が挙げられます。

しかし、何から始めたらいいか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、株式会社有永塗装様の「Facebook活用による紹介案件獲得の事例」をご紹介します。
シンプルで明日から真似できる内容になっていますのでぜひご参考にされてください。

【会社紹介】株式会社有永塗装 代表取締役 有永 裕起

画像引用:https://arinaga-tosou.com/staff/

株式会社有永塗装様は、大分県大分市で、一般戸建て・工場・倉庫・アパマン・施設などの塗装事業をメインで営まれている会社様です。

また、除菌などのハウスクリーニング事業や内装リフォームまで幅広く活躍されており、「これまでも、これからも、地域で1番ありがとうをいただける会社」をモットーに、高品質な施工をお客様に提供されています。

なぜ販促にFacebookを使用しているのか?

有永社長:私は「有永 裕起 」個人としてのアカウントを利用して、販促活動を行っています。

画像引用:https://www.facebook.com/yuki.arinaga.39

塗装や除菌などは、一般の方にとってよくわからないものです。
そういったものに大金を支払うわけですから、お客様としては信頼できる業者さんに頼みたいはずです。

Facebookは実名で行いますので、自分自身がどんな人間なのか、どんな仕事をするのかを気軽に発信でき、イイネやコメントもできます。お客様としても安心できる要素となっています。

また、同じ趣味・思考を持ったグループを作成・参加できる機能も魅力に感じています。自分の活動をPRできる一方で、業界の情報や流行をいち早く収集することもできます。

どのようなネタで投稿しているのか?

有永社長:当初は、塗装会社として、施工内容(着工・完工・ビフォーアフターなど)に限定していました。
ただ、一番お伝えしたい「施工技術や施工品質」はなかなか伝えることが難しく、施主様からは、よくある投稿だと軽く流されていたと感じていました。

現在は、塗装についてはあまり投稿していません。
「私のプライベート」と「除菌サービス」という2本柱のネタで、毎日1回以上投稿し続けています。

それには理由があり、まずお施主様に対して、自分がどういう人間なのかを知っていただくことと、投稿に対して興味をもってもらうことを最優先していこうと考えたからです。

実際にご覧頂くとわかりますが、とにかく閲覧者視点にこだわっており、美味しそうな食事やクスッと笑えるようなオモシロ動画など、思わず話しかけたくなるようなネタで投稿しています。

画像引用:https://www.facebook.com/yuki.arinaga.39

投稿に対する反響

有永社長:「最近ご飯の投稿ばかりで仕事ちゃんとしているの?(笑)」や「ひさしぶりにご飯でも行こう!」と、数年連絡をとっていなかったOBのお客様からコメントを頂くこともしばしばあります。
食事に行き、話の流れで知り合いを紹介していただくこともあります。

そうした中で、今までに繋がりがなかった飲食店様や法人様とも繋がりができ始めています。
ここ最近では、法人様物件のリフォーム工事を2件獲得することもできました。
Facebookがお客様と繋がる大切なパイプになりつつあります。

画像引用:https://www.facebook.com/tokonpainters/photos/t.100010496402417/1813223038705831/?type=3

まとめ

今回の記事では、Facebookの活用事例について紹介いたしました。

販促の手法には、HP・チラシ・ポータルサイト・紹介・セミナー・野館看板など様々あります。
その中でも「紹介案件」を増やしていくためには、OB顧客とのパイプを確保しておくことや、地域の方に自社をPRし続けることが重要です。

「OB顧客からの紹介案件を増やしたい方」、「地域1番店を目指されている方」は、ぜひ参考にされてみてください。

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • お役立ち情報
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる