コンクリートの硬化収縮

外壁劣化症状・劣化要因

コンクリート打設時の流動性を確保するための水の乾燥によりコンクリートの体積が減少し、収縮する現象。ただし、セメントの水和反応に寄与する水は硬化収縮に関与しない。
「自己収縮」とも呼ばれ、大面積や開口部周辺のコンクリートのひび割れの原因になる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる