外壁塗装の色提案のお悩み解決!グレー系ツートン配色事例の紹介

色提案サポート 色・顔料 2023.06.26 (最終更新日:2024.01.16)
LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア
オススメ配色(グレー編) アイキャッチ
オススメ配色(グレー編) アイキャッチ

外壁塗装において「色選び」は施主様の悩みの種になりやすいことの一つです。特に2色以上を使用する際には「色の組み合わせ」を悩むことが多いのではないでしょうか?

そのようなお悩みを解消するために、アステックペイントではおすすめのツートンの組み合わせを一覧化しました。

本記事では「グレー系」の色のおすすめの組み合わせをご紹介します。「1色は決まっているが、組み合わせる色が決められない」など、お施主様が色の組み合わせに悩まれている際に、ぜひご活用ください。

image

赤系のグレー

8206 グレイドルフィン

image

〈色の特徴〉
明るい赤みを帯びたぬくもりのある色。
〈組み合わせる色の特徴〉
くすみのある柔和な色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

9011 ローズグレイ

image

〈色の特徴〉
やや灰がかった薄紫色。
〈組み合わせる色の特徴〉
黄みや赤みのある色やグレー系の色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

9015 オールドローズ

image

〈色の特徴〉
灰がかった黄褐色。
〈組み合わせる色の特徴〉
無彩色や赤みのある色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

青系のグレー

9012 クールグレイ

image

〈色の特徴〉
青みを帯びた灰色。
〈組み合わせる色の特徴〉
無彩色や濃い青色、灰がかった色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

9017 ブルーグレイ

image

〈色の特徴〉
灰がかった渋みのある青色。
〈組み合わせる色の特徴〉
無彩色や青系の色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

緑系のグレー

8100 ミストグリーン

image

〈色の特徴〉
灰がかった濃い抹茶色。
〈組み合わせる色の特徴〉
明快な色や黄み・赤みを帯びた落ち着いた色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

茶系のグレー

8089 ストーン

image

〈色の特徴〉
灰がかった淡い褐色。
〈組み合わせる色の特徴〉
赤みや黄みを帯びた色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

8204 グレージュ

image

〈色の特徴〉
茶色と灰色が混ざった淡い色。
〈組み合わせる色の特徴〉
くすんだ色全般との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

8205 サンドべージュ

image

〈色の特徴〉
灰がかった淡い茶色。
〈組み合わせる色の特徴〉
赤みや緑みのある色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

無彩色系のグレー

8081 バーチグレー

image

〈色の特徴〉
茶みがかった灰色。
〈組み合わせる色の特徴〉
灰色の要素が強いため、濁色全般との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

8109 ガルグレー

image

〈色の特徴〉
墨を薄めたような明るさのある灰色。
〈組み合わせる色の特徴〉
明るすぎない色味の残った色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

8200 パールグレイ

image

〈色の特徴〉
灰色にわずかに青色が加わった色。
〈組み合わせる色の特徴〉
濃色から淡色まで様々な色との組み合わせを楽しめます。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

8209 ミネラルグレイ

image

〈色の特徴〉
鉱物のような有機的で柔らかさのある灰色。
〈組み合わせる色の特徴〉
明快な色よりは、濁色との相性が良いです。

■コントラストが大きな場合

image

■コントラストが小さな場合

image

まとめ

今回は、アステック標準色のグレー系のおすすめツートン配色をご紹介しました。

メイン色や組み合わせる色の特徴を掴み、コントラストの大小を調整することを意識すると、ツートンの組み合わせは決めやすくなります。

ぜひ今回の記事を参考にしながら、施主様への色提案を行なってみてはいかがでしょうか?


image

記事監修】株式会社アステックペイント 谷口智弘

株式会社アステックペイント技術開発本部 本部長
住宅用塗料市場のマーケティング分析・品質管理を行う「商品企画管理室」、塗料の研究・開発を行う「技術開発部」、塗料の製造・生産・出荷を行う「生産部」塗装品質の向上のための施工指導を行う「フィールドエンジニア部」を統括する責任者として、高付加価値塗料の研究・開発、塗装現場の品質管理のための活動を行っている。

image

運営会社】株式会社アステックペイント

AP ONLINEを運営する株式会社アステックペイントは、建築用塗料を製造・販売する塗料メーカー。遮熱性、低汚染性に優れた高付加価値塗料の研究・開発の他、システム・販促支援など、塗装業界の課題解決につながる事業を展開。

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介