アステックペイントタイランド、復活の兆し

代表コラム 2022.06.01
LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

2020年3月頃から新型コロナウイルスが発生し、タイ政府は日本よりも遥かに厳しい施策をとってきた。多くの都市や町がほぼロックダウン状態。夜の外出禁止令、日中もスーパーマーケット、コンビニ、薬局、病院以外は全て閉店という状態であった。
当然、我々のメイン顧客となる日系製造メーカーの工場でも、製造ラインがストップすることは無いにしても、設備投資はほぼ全ての企業で一旦凍結。そして業者の工場への立ち入りも禁止されていた。

よって、コロナが発生する前に時間をかけて作ってきた様々な案件やすでに受注が予定されていた案件も含めて全て凍結され、企業の事務所の立ち入りまでも禁止された。そのような状態が約1年半は続いた。

唯一、屋根から漏水したとか雨樋が落ちてきたとか、緊急性が高く小さな工事だけは受注できたため、工事単価が低く、手間暇がかかる工事だけを何とか受注しながら凌いできたが、結果として二年間は大赤字を出していた。

※イメージ

しかし、2022年の年初あたりから様子が変わってきた。
タイ政府はコロナに対する厳しい措置の方針を一気に変え、GDPの20%を占めていた観光産業の復活のために多くを開放し始めたことで経済の雰囲気も一気に変わってきた。そして、二年間溜め込んできた企業の設備投資が動き始めていることも実感できるようになってきた。

さらに、この二年間で競合他社と言われた他の同業者が消えており、依頼が当社に集中してきているようにさえ感じている。

苦しかった二年間。この二年間で社員数は減ったが、工事品質を上げるための取組みにおいては多少成果が上がってきたと思う。

一番の課題だった組織マネージメント体制も格段に良くなってきた。仕事が忙しくなかったため、社内体制への取組みについて議論がしっかりできていたことが良かったと思う。
また、一年前に新しい営業マネージャーが日本のアステックペイントから合流し、それから一年でタイ人社員の心を掴むほどの動きを見せてくれたおかげで、営業チームが一丸となってきている。

今期の売上は過去最高売上額を一気に超えてきて、三年ぶりの黒字となるだろう。

アステックペイントタイランド本社

アステックペイントタイランドに復活の兆しが見えてきた。一時期は私の心が折れそうになった時もあったが、ようやくアクセルを再び踏めるタイミングに来たようだ。

最悪の状況から脱却しつつあるこのタイミングで、アステックペイントタイランドのビジョンやミッションの再確認、そして中期事業計画を策定し、全社員と共有し、再スタートしていきたい。

未来を見据えた、アステックペイントタイランドを作り上げていきたい。

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる