上塗り塗料 2021.08.02

高耐候型ハイクラスフッ素塗料「フッ素REVO1000(-IR)」の特長

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

■外壁を永く守り続ける「外壁用フッ素塗料」

フッ素REVO1000(-IR)は一液型水性フッ素塗料ながら、従来のフッ素塗料以上の高耐候性を発揮する「高耐候型ハイクラスフッ素塗料」。

高耐候性、低汚染性、遮熱性など、あらゆる機能を高いレベルで実現するために、塗料中に配合するフッ素樹脂や顔料などに徹底的にこだわり抜いて作られた外壁用塗料です。

製品概要
フッ素REVO1000(-IR)…水性形一液外壁用(遮熱)フッ素系上塗材
次のような施主様への提案に最適な塗料です
☑低価格でありながら、高い性能を発揮する塗料で塗り替えたい
☑長持ち・汚れにくい・遮熱性があるなど、あらゆる性能を持つ塗料で塗り替えたい

■製品の特長

従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ「高耐候性」

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約16~20年(期待耐用年数)経過後も光沢保持率80%以上を保持
従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ高耐候性を発揮し、建物を長期間保護します。


【高耐候性の理由①】数種類の一液水性フッ素塗料よりフッ素成分を約2倍配合

フッ素樹脂は結合エネルギーが高いため紫外線などの劣化要因に破壊されにくく高い耐候性を発揮する特徴があります。フッ素REVO1000(-IR)は、数種類の一液水性フッ素塗料と比較して、フッ素成分を豊富に配合
成分の含有量が多いほど、紫外線により破壊されにくくなるため、高い耐候性を発揮します。
※民間分析機関による分析


【高耐候性の理由②】結合力の強い「完全交互結合型フッ素樹脂」を配合
フッ素樹脂は、劣化しやすい成分同士で結合している、交互性の低い箇所があり、その箇所が紫外線に破壊されることで塗膜の劣化が進行します。

フッ素REVO(-IR)は、紫外線からの劣化を抑制する「完全交互結合型フッ素樹脂」を採用しています。


【高耐候性の理由③】ラジカル制御型の白色顔料を配合
フッ素REVO1000(-IR)は「ラジカル制御型白色顔料」を採用。ラジカルが発生した場合にも、シールド層がラジカルの放出を防ぐため、塗膜の劣化を抑制します。


汚れの付着を抑制し外壁の美観を維持する「低汚染性」

表面が強靭な層で作られているフッ素樹脂の使用により、汚れが付着しにくく他社の同等製品を上回る低汚染性を発揮します。

一般低汚染フッ素塗料と比較して雨筋がつきにくく、塗替え後の美しさを保持することが確認されました。
カビ・藻の発生を抑え、建物の美観維持に貢献する「防カビ性・防藻性」

「JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法(社内試験規格)」及び「藻抵抗性試験(社内試験による)」に合格。カビ・藻の発生を抑え、美観の維持に貢献します。

高い日射反射率で近赤外線を反射する「遮熱性」※フッ素REVO1000‐IRのみ

チタン複合遮熱無機顔料の使用により、近赤外線(温度上昇の原因)を効果的に反射する塗膜を形成。室内の温度上昇を抑え、生活環境の快適化に貢献します。

フッ素REVO1000-IRは近赤外線を効果的に反射し、塗膜表面の温度上昇を抑制します。

遮熱性比較

塗料を塗ったサイディング(色:N6グレー)に約2時間照明を当て続け、表面・裏面の温度を放射温度計で測定。フッ素REVO1000-IRは一般フッ素塗料に比べて表面・裏面ともに約9℃の温度差があり高い遮熱性を発揮することが確認されました。

■製品データ・対応素材

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IR
【製品データ】
◯荷姿…15kg、4kgセット
◯塗布量…0.25~0.35kg/㎡
◯希釈…ローラーの場合:0~5%(清水)、エアレスの場合:5~10%(清水)
◯艶…艶有、3分艶
◯色…アステック標準色68色

【対応素材】
窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート・金属サイディング(カラー鋼板※1・ガルバリウム鋼板・ステンレス・アルミニウム)・波形スレート(外壁)※2・各種旧塗膜
※1フッ素鋼板は除く ※2高圧洗浄有り

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • お役立ち情報
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる