外壁・付帯部に使える万能塗料「マックスシールドシリーズ」を徹底解説

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

マックスシールドシリーズの特徴

マックスシールドシリーズは、優れた隠蔽性を誇る作業性の高い「外壁用塗料」。
高い密着性を有するため、様々な建物部位に塗布できます。
また、水性塗料にはない光沢感やセラミック成分による低汚染性が特徴で、高い耐候性を有しています。

次のような施主様への提案に最適な塗料です
☑外壁や付帯部を光沢感のある美しい仕上がりにしたい
☑美観を維持できる塗料で塗りたての美しさを維持したい
アステックペイントの塗料をお考えの方へお問い合わせはこちら

マックスシールドシリーズの4つの機能

①紫外線や雨などの劣化要因から建物を守る「耐候性」

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、マックスシールド1500F-JYは16~20年相当、マックスシールド1500Si-JYは13~16年相当、マックスシールド1500U-JYは8~10年相当経過後も、光沢保持率80%以上を保持。※各製品の年数は期待耐用年数。
高い耐候性で、建物を長期間保護します。

【高耐候性の理由】マックスシールド1500F-JY

交互性の低い一般的なフッ素樹脂は劣化しやすい結合箇所があり、紫外線により塗膜の劣化が進行します。マックスシールド1500F-JYに使用する「完全交互結合型フッ素樹脂」は、規則的な交互結合により、紫外線に破壊されにくく、従来のフッ素樹脂塗料を凌ぐ耐候性を実現しました。

【高耐候性の理由】マックスシールド1500Si-JY

マックスシールド1500Si-JYの主成分であるシリコン樹脂は、シロキサン結合を中心に構成されています。このシロキサン結合はガラスや鉱物などの無機物と同じ構造であり、紫外線などの劣化要因に対して強いため、高い耐候性を実現しました。

【高耐候性の理由】マックスシールド1500U-JY

従来のウレタン樹脂塗料は、劣化の進行が早く約5~7年で劣化していました。マックスシールド1500U-JYは紫外線による劣化を抑制する成分を配合したことにより、従来のウレタン樹脂塗料より高い耐候性を実現しました。

②外壁の美観を維持する「低汚染性」

セラミック成分を配合したことで、汚れの付着の原因となる静電気を帯びにくくなる「低帯電性」付着した汚れと塗膜の間に水が入り込みやすくなり、汚れを洗い流す「親水性」に優れた塗膜の形成を実現しました。

この2つの作用により、長期的に美観を保持します。

汚染性比較試験

塗膜表面を排気ガス等の成分であるカーボンブラックで汚染させ、水で洗浄したものを、汚染前と洗浄後の明度の差を測定。その結果、マックスシールドシリーズは他社の塗料と比較し、明度の低下が小さく、低汚染性に優れていることが確認されました。

③美しい仕上がりを実現する「高隠蔽性(高作業性)」

顔料の「粒子径が小さく」、「流動特性(粘性調整)」を持つため、高い隠蔽性を実現しました。凹凸がある下地においても、塗りムラや透けの心配がなく、美しい仕上がりの塗膜を形成します。

L*値は明度で、数値が高いほど白色に近く、数値が低いほど黒色に近くなる。
マックスシールド1500Si-JYは塗装1回目の時点で数値が他社塗料の塗装2回目のL*値を下回っているため、優れた隠蔽力が確認されました。

高隠蔽性の理由① 緻密な塗膜

粒子径の小さい顔料を使用することにより、粒子が緻密に配列されるため、粒子間に隙間ができにくく、下地が透けて見えることを抑制します。

高隠蔽性の理由② 流動特性の保持

適正な粘性にすることで、ローラへの含み・吐き出し等の作業性が良く、塗装面に平滑に広がるため、塗膜に凹凸ができにくくなり、下地の透けを低減します。

カビ・藻の発育を抑える「防カビ・防藻性」

塗料内に防カビ・防藻剤を添加することにより、微生物の発育を抑え、微生物が発育した場合にも菌の増殖を抑制するため、カビや藻の繁殖を抑えられます。

対応素材

弱溶剤タイプのため、様々な下地素材との密着性に優れています。そのため、戸建て・アパート・マンション・工場の外壁をはじめ、硬質塩ビや鉄部、木部など様々な箇所に塗布できる万能な塗料です。


色展開

アステック標準色68色をご使用いただけます。
※色見本はPC環境によっては実際の色と異なる場合があります。正しい色味を確認したい方は、色見本帳・色見本板をご確認ください。

製品データ・対応素材

マックスシールド1500F-JY
【製品データ】
◯荷姿…15kg、3kgセット
◯塗布量…0.24~0.28kg/㎡
◯希釈…0~1.8L(アステックシンナーDX)※15kg1セットあたり
◯艶…艶有・3分艶
◯色…アステック標準色68色

【対応素材】
窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート・金属サイディング(カラー鋼板※1・アルミニウム・ガルバリウム鋼板・ステンレス)・波形スレート(外壁)※2・付帯部(鉄部・硬質塩ビ・木部※3)・各種旧塗膜
※1フッ素鋼板は除く ※2高圧洗浄有り ※3木部には弾性硬化剤を使用
マックスシールド1500Si-JY
【製品データ】
◯荷姿…15kg、3kgセット
◯塗布量…0.24~0.28kg/㎡
◯希釈…0~1.8L(アステックシンナーDX)※15kg1セットあたり
◯艶…艶有・3分艶
◯色…アステック標準色68色

【対応素材】
窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート・金属サイディング(カラー鋼板※1・アルミニウム・ガルバリウム鋼板・ステンレス)・波形スレート(外壁)※2・付帯部(鉄部・硬質塩ビ・木部※3)・各種旧塗膜
※1フッ素鋼板は除く ※2高圧洗浄有り ※3木部には弾性硬化剤を使用
マックスシールド1500U-JY
【製品データ】
◯荷姿…15kg、3kgセット
◯塗布量…0.24~0.28kg/㎡
◯希釈…0~1.8L(アステックシンナーDX)※15kg1セットあたり
◯艶…艶有・3分艶
◯色…アステック標準色68色

【対応素材】
窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート・金属サイディング(カラー鋼板※1・アルミニウム・ガルバリウム鋼板・ステンレス)・波形スレート(外壁)※2・付帯部(鉄部・硬質塩ビ・木部※3)・各種旧塗膜
※1フッ素鋼板は除く ※2高圧洗浄有り ※3木部には弾性硬化剤を使用

JIS規格

マックスシールド1500F-JY
■JIS K 5600 塗料一般試験方法
『塗装作業性』 合格

■JIS K 5658 建築用耐候性上塗塗料
『容器の中の状態』『乾燥時間』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度 (60度)』『 耐衝撃性』『付着性(クロスカット法)』『 重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『促進耐候性』『屋外暴露耐候性』 全て合格
マックスシールド1500Si-JY
■JIS K 5600 塗料一般試験方法
『塗装作業性』 合格

■JIS K 5658 建築用耐候性上塗塗料
『容器の中の状態』『乾燥時間』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度 (60度)』『 耐衝撃性』『付着性(クロスカット法)』『 重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『促進耐候性』『屋外暴露耐候性』 全て合格
マックスシールド1500U-JY
■JIS K 5600 塗料一般試験方法
『塗装作業性』 合格

■JIS K 5658 建築用耐候性上塗塗料
『容器の中の状態』『乾燥時間』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度 (60度)』『 耐衝撃性』『付着性(クロスカット法)』『 重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『促進耐候性』『屋外暴露耐候性』 全て合格

下地調整方法・施工上の注意

【下地調整】

・劣化し脆弱な部分及び錆等は、ディスクサンダー、スクレーパー等により除去する。
・漏水箇所は予め水が浸入しないように処置し、汚れ、付着物、油脂類等を高圧洗浄、スクレーパーやシンナー等で除去する。
・塗装する下地は、清浄かつ十分に乾燥させる。
・劣化したシーリング材は全て撤去し、新規シーリング材で打ち替える。

【施工上の注意】

・雨・強風・結露等の悪天候及びこれらが予想される場合には施工は避けてください。
・5℃以下、湿度85%以上での施工は避けてください。
・使用する前に塗料を十分に撹拌してください。
・ウールローラー施工の場合、塗回数が増えることがありますのでご注意ください。
・シーリング材目地に塗装した場合、動きに追従出来ずに塗膜がひび割れることがあります。
・エアレス施工の場合には塗装ロスが大きくなりますので、塗布量の上限値を目安にしてください。
・上記塗布量及び塗回数は下地の材質・状態等で増える場合があります。
・溶剤系塗料では火災・中毒等のおそれがあるため、保管・取扱いには十分に注意してください。
・塗り継ぎや補修塗り(タッチアップ)を行なう場合は、ローラー又はエアレス等の塗装方法や希釈率の違いにより、色相差・艶ムラが生じることがありますので、作業後に仕上りをご確認ください。
・トタン板の継ぎ目、折り曲げ部分は、塗膜が薄くなりがちですので、先に拾い塗りをすることをお勧めします。 

アステックペイントの塗料をお考えの方へお問い合わせはこちら

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる