新部署「フィールドエンジニア部」の設立

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

2022年1月に、新たな部署が立ち上がる。部署名はフィールドエンジニア部。

今まで技術品質課という課が存在しており、製品や現場での品質向上に関わりながら、研究開発チームと営業チームを後ろから支えていた。今回、この技術品質課の人員を大幅に増員、役割を見直し、部署として格上げしたのがフィールドエンジニア部だ。

「塗装現場の課題解決」に貢献するために

当社のビジョンに、「塗装業界のあらゆる課題の解決企業になる」というものがある。

あらゆる課題の中には経営や営業の課題も含まれ、それらの課題に関してはアステックペイントもしくはプロタイムズとして正面から取り組み、一定の成果はあったと思っている。

しかしながら、あらゆる課題の中の「塗装現場の課題」に関しては当社としてどれだけ関わることができているかと考えると、ほぼ何もできていないと結論付けた。

現場で起こる問題に関して、塗装会社の経営者、もしくは塗装職人と対等に会話できるスタッフが誰もいないとなれば、現場の課題解決などは到底不可能な話となる。

このことに危機感を覚え、塗装現場の課題に正面から取り組める役割を担った新しい部署を立ち上げるという経緯に至った。

今後の展望

※イメージ写真

塗装現場の課題は様々あるが、当社の製品を現場で適切に施工するために現場の職人さんに情報を伝えていくこと、もしくは不具合が起きた時の検証および対処などは今まで通り行っていく。

その上で、職人の採用・教育、定着するための手立て、さらには塗装職人の生産性向上への取り組み、塗装現場のIT化など、多くの塗装会社の経営者が悩みながらも解決できていなかった課題に取り組みたいと思っている。

当社のビジョン「塗装業界のあらゆる課題の解決企業になる」は、加盟店様の課題を共に解決し加盟店様が成長することで、我々への発注量が増え、当社も成長させていただける、という考えから宣言している。

今までは、塗装会社の多岐にわたる経営課題や営業課題に取り組んできた。それらは、これからももっと精度を高くしながら継続して行っていく。

2022年からはさらに、塗装現場の課題解決にも関わっていく。本当にワクワクする気持ちである。多くの塗装会社で解決されていなかった課題に当社も関わらせていただき、結果として少しでもそれらの課題解決にも関われることで加盟店様の成長に貢献できるなら、これほどの喜びはないだろう。

フィールドエンジニア部の立ち上げは本当に楽しみに思っている。

取り組む内容としては、すぐに成果に結びつく課題など無いほど難しいテーマばかりではあるが、時間をかけてでも必ず目に見える成果を多く作り上げていきたい。

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる