工期を短縮する外壁用シーラーレスフッ素塗料「REVOトップワンF」

APラインナップ 外壁塗装製品名メーカー 2023.05.19 (最終更新日:2024.01.16)
LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア
image
image

塗装工事をご提案する中で、こんなお悩みや課題はありませんでしょうか?

「長持ちするいい塗装工事を提案したいけど、相見積もり対策で見積金額は抑えたい」
「現場工期を少しでも短縮し、完工数を伸ばしたい」

今回は、そんな課題を解決するためにおすすめしたい塗料が下塗り材不要の水性系二液外壁用塗料 「REVOトップワンF」です。

アステックペイントの塗料をお考えの方へお問い合わせはこちら

REVOトップワンFとは

image

アステックペイント製品の中でも、多くの方にご愛用いただいている「フッ素REVO1000」と同等の高い耐候性を持ち、さらには、窯業系サイディング外壁への付着性を兼ね揃えているため、下塗材不要で仕上げることのできる水性系二液外壁用フッ素塗料です。

特徴①下塗材を塗装せずに高い付着性を発揮

近年、社会課題である「人口減少」「少子高齢化に伴う塗装職人不足」。塗装工事において、これらの課題を解決する解決策として「工期短縮」の重要性が注目を集めています。
一般的な塗装工事でには「下塗り・中塗り・上塗り」の3工程の工事が行われる中、REVOトップワンFを用いた外壁塗装工事では窯業系サイディング外壁への付着性を持つため、下塗材を塗装することなく「中塗り・上塗り」の2工程で仕上げることができます。

image

下地への良好な付着性を持つ2つの理由

❶特殊フッ素樹脂を採用

窯業系サイディングに付着しやすいよう改良された ”特殊フッ素樹脂” の採用により、下塗材を塗装しなくても付着性を確保することができています。

 ❷2液タイプにすることで、B液に下塗材(シラン)成分を配合

REVOトップワンのB液には、窯業系サイディングとの付着性を高める「下塗材(シラン)成分」が含まれています。そのため、B液を混ぜることで窯業系サイディングの既存塗膜へしっかりと付着することができます。

image

特徴②下塗材不要でも高い隠ぺい率

下塗材を塗装せず二工程で仕上げる場合、充分な「隠ぺい性」が必要とされます。

REVOトップワンFは隠ぺい性に優れるため、塗りムラや透けの心配がなく、美しく仕上げることができます。

image
サイディングボードにREVOトップワンシリーズと一般シリコン塗料を塗布し、付着性試験を実施。試験の結果、REVOトップワンシリーズの付着性は良好であることが確認されました。

特徴③高耐候性

REVOトップワンFの耐候性は、一液水性フッ素塗料の中でも高い耐候性を持つ「フッ素REVO1000」と同等の性能を発揮します。

image

理由① フッ素塗料の耐候性

フッ素塗料に使用されているフッ素結合は、劣化要因である紫外線のエネルギーよりも結合エネルギーが高く、破壊されにくい性質を持っています。REVOトップワンFは水性形二液のフッ素塗料であるため、シリコン塗料と比べ、紫外線による影響を受けにくく、高い耐候性を発揮します。

理由② 完全交互結合型フッ素樹脂の採用

image

REVOトップワンFで使用されている「完全交互結合型フッ素樹脂」は、「劣化しにくいフッ素結合」と「塗膜に柔軟性や密着性を付与する成分(劣化しやすい箇所)」を交互に配列することで、劣化しやすい箇所をカバーし、紫外線に対して高い耐候性を発揮します。

理由③ ラジカル制御型白色顔料を配合

一般的に、塗料は数色の「顔料」を用いて調色しています。混ぜ合わせる顔料の色や比率を変えることで様々な色に調色できます。
(例:紫系 = 青系顔料 + 赤系顔料)

顔料には様々な種類・色がありますが、その中でも白色顔料として一般的に用いられているのが「酸化チタン」です。酸化チタンは紫外線が当たることで「ラジカル※」という劣化要因を発生させてしまう性質があります。

※ラジカル:白色顔料に紫外線が照射された際などに発生する有機物(樹脂など)を分解するエネルギーのことです。塗膜表面でラジカルが発生すると、樹脂などの有機物が破壊され、塗膜表面のチョーキング劣化が進行してしまいます。

REVOトップワンFは、酸化チタン表面にシールド層を形成し、ラジカルの放出を抑制する「ラジカル制御型白色顔料」を採用しています。この「ラジカル制御型白色顔料」によって樹脂が持つ本来の耐候性を発揮しやすくなります。

image

特徴④ 強靭な塗膜による低汚染性

一般的な塗料に使用されている樹脂は、塗膜表面に汚れが付着しやすいという課題を抱えています。REVOトップワンFは強靭な塗膜を形成する樹脂を採用しているため、塗膜表面に汚れが付着しにくく低汚染性を発揮します。

image

対応素材

窯業系サイディング外壁(塗り替え回数は問わない)

 ※フッ素、無機系・光触媒の既存塗膜を除く
※塗膜剥離しサイディング素地が露出している場合は、その部分に下塗材を塗装してください

色展開

アステック標準色69色をご使用いただけます。(特別色対応不可)

image

製品データ

◯荷姿…15.15 kg セット (A液 15kg、B液 0.15kg)​
        3.03 kg セット(A液   3kg、B液 0.03kg)
◯塗布量…0.25~0.35kg/㎡
◯希釈…ローラーの場合:0~  5%(清水)エアレスの場合:5~10%(清水)※15.15kg1セットあたり
◯艶…艶有・3分艶
◯色…アステック標準色69色

■JIS規格
■JIS K 5660 つや有合成樹脂エマルションペイント 
『容器の中での状態』『塗装作業性』『塗膜の外観』『低温安定性』 『表面乾燥性』『隠ぺい率』『鏡面光沢度』『耐水性』『耐アルカリ性』 『耐洗浄性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『耐候性B法』 全て合格
■JIS A 6909 建築用仕上塗材 『可とう性』 合格
■『防かび性』 合格 ※社内試験による(参考試験方法:JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法)
■『防藻性』 合格 ※社内試験による

下地処理方法・注意点

B液について>

・B液は、容器側面の目盛または容器のキャップを用いて、適正に計量・混合・撹拌してください。 ※B液25ml=キャップ一杯分=1目盛分
・B液は危険物第四類第二石油類に該当しますので、保管・取扱いには十分に注意してください。
・B液は、開封後は変質しやすいため、冷暗所で密閉して、2週間以内に使い切ってください。

<下地について>

・ 脆弱で粉っぽい下地には直接塗装できません。塗膜剥離しサイディング素地が露出している場合、必ず事前にシーラー塗布してください。
・凍害で破損したサイディングには施工できません。
・フッ素塗膜、変性無機塗膜、光触媒塗膜へは塗装できません。
・塗布量及び塗回数は下地の材質・状態等で増える場合があります。

【下地調整】

・劣化し脆弱な部分及び錆等は、ディスクサンダー、スクレーパー等により除去する。
・漏水箇所は予め水が浸入しないように処置し、汚れ、付着物、油脂類等を高圧洗浄、 スクレーパーやシンナー等で除去する。
・塗装する下地は、清浄かつ、十分に乾燥させる。
・劣化したシーリング材は全て撤去し、新規シーリング材で打ち替える。

【施工上の注意】

・フッ素塗膜、変性無機塗膜、光触媒塗膜へは塗装できません。
・雨・強風・結露等の悪天候及びこれらが予想される場合には施工は避けてください。
・5℃以下、湿度85%以上での施工は避けてください。
・使用する前に塗料を十分に撹拌してください。
・ウールローラー施工の場合、塗回数が増えることがありますのでご注意ください。
・エアレス施工の場合には塗装ロスが大きくなりますので、塗布量の上限値を目安にしてください。
・上記塗布量及び塗回数は下地の材質・状態等で増える場合があります。
・シーリング材目地に塗装した場合、動きに追従出来ずに塗膜がひび割れることがあります。
・塗り継ぎや補修塗り(タッチアップ)を行う場合は、 ローラー又はエアレス等の塗装方法や希釈率の違いにより、 色相差・艶ムラが生じることがありますので、作業後に仕上りをご確認ください。
・A液とB液を混合比率100:1の割合で電動撹拌機で 十分に混合・撹拌(1分以上)してから使用してください。
・B液の混合割合が不適切であったり、混合が不十分ですと、付着性能が発揮できません。
・二液塗料ですので、混合・撹拌後は可使時間以内に使い切ってください。

まとめ

今回は、耐候性に優れていながらも「下塗材なし」で塗装可能な「水性系二液外壁用塗料 REVOトップワンF」についてご紹介いたしました。

「工期短縮実現」や「見積金額を抑えたい…」等のお悩みをお持ちの皆様へおすすめしたい製品ですREVOトップワンFに興味を持たれた方はぜひアステックペイントにお問い合わせください。


image

記事監修】株式会社アステックペイント 谷口智弘

株式会社アステックペイント技術開発本部 本部長
住宅用塗料市場のマーケティング分析・品質管理を行う「商品企画管理室」、塗料の研究・開発を行う「技術開発部」、塗料の製造・生産・出荷を行う「生産部」の3事業部を統括するマネジャーとして、高付加価値塗料の研究・開発を行っている。

image

運営会社】株式会社アステックペイント

AP ONLINEを運営する株式会社アステックペイントは、建築用塗料を製造・販売する塗料メーカー。遮熱性、低汚染性に優れた高付加価値塗料の研究・開発の他、システム・販促支援など、塗装業界の課題解決につながる事業を展開。

アステックペイントの塗料をお考えの方へお問い合わせはこちら

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介