経営方針発表会を終えて

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

2022年1月8日、当社の経営方針発表会を行った。

これまでは12月10日前後に開催し、そのまま忘年会を行っていた。特に大きな問題はなかったものの、当社の決算が12月末であるため、方針書に記載する数字が12月末までの見込みであったことへの違和感と、何よりも年の瀬の忙しい時に全社員を巻き込んだ経営方針発表会を行うという大変さがあった。

そこで、昨年から年初に経営方針発表会を行うスタイルに変更したが、結果として良かったと思っている。

年明けの気持ちがリフレッシュされた状態で方針内容を聞くことで、より社員の理解度が高まったとも感じているし、私自身にとっても、方針書は10月にほぼ完成しているが年末年始に感じたことを加筆修正することで、さらに納得してもらえる方針書に熟成できていると思う。

方針書をつくるにあたって

※イメージ写真

方針書に関していつも思うことであるが、過去の方針書を読み返すと、たった数年前のものであっても、本当に恥ずかしくなるぐらい稚拙な考えと取り組みをしていたと切実に感じる。こんな幼稚で浅はかで、チンケな方針を堂々と発表していた自分が心から嫌になるぐらいである。

逆を言えば、自分がちゃんと成長している証であると正当化もできるが、それ以上に自分の浅はかさを恥じる気持ちが常に上回っている。

しかし今年の方針書は、過去最高に良かったと思っているし、社員からも同様の評価をもらうことができた。

今回も10月にほぼ完成しており、この方針書に基づき各部署が事業計画をつくっている。それらの事業計画を12月に私が承認し、1月に発表予定であった。

しかし、実は年末に私の方針書を再度ゼロベースから書き直すことにした。その理由は、たった二か月ではあるが、10月に作った方針書が既に古く感じ、内容が浅はかに感じられてしまったためだ。

12月に承認した各部署の事業計画と異なる部分も一部含まれていたが、1月8日に全社員へ私がその時点で納得する方針書を発表できて本当に良かったと思っている。

今年も10月に2023年の方針書をまとめることになるが、おそらく2022年の方針書を読み返し自分の浅はかさを恥じていることだと思う。

経営を20年以上やってきているが、経営者としてはまだまだ未熟なのだと痛感している。

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる