施主様の安心感を高める提案ツール「失敗しないための屋根外壁リフォームガイドブック」とは?

LINEで送る Twitterでシェア Facebookでシェア

「施主様に自社のことを余すことなくお伝えしたい」「施主様との関係性作りが難しい」と日頃から考えられている方も多いのではないでしょうか。特に、相見積もり先が多い塗装業界で施主様に自社のことを強く意識してもらうことは難しいものです。

そこで、今回は愛知県豊田市を中心に活動されている株式会社マルテンライフクリエイトの天野 太貴様に自社で作成した“失敗しないための外壁屋根リフォームガイドブック”について詳しくお話を伺いしました。

【会社紹介】株式会社マルテンライフクリエイト

■会社名・代表名:株式会社マルテンライフクリエイト 代表取締役 天野 太貴 様
■会社概要:株式会社マルテンライフクリエイト様は愛知県豊田市を中心に地域密着で主に元請住宅塗装事業を行われている会社様です。

ガイドブックを作成した理由

天野様自分が施主様の視点に立った時、初めに感じることは「どんな人と話をするのか」「どんな会社なのか」などの不安感や緊張感だと思いました。

まずはそのような感情を払拭した上で、自社の強みや特徴をお伝えし、安心して自社に塗装工事を任せていただきたいと考えたのがきっかけです。

ガイドブックを作成する上でのこだわり

天野様:26ページにも渡る内容で作成しておりますので、カテゴリー別でこだわっているポイントをお話します。

人・自社の雰囲気、詳細を伝える

最初のページには、「話を進めるための環境作り」を目的として、代表挨拶、自己紹介(プロフィールシート)、会社概要を掲載しています。

1人の人間・会社としてのパーソナルな部分を最初にお伝えすることで安心していただくことができると考えています。

自己紹介には日常・趣味・ペットのことなど仕事とは関係のない内容を入れることで、お互い緊張が和らぎ会話も弾みやすくなりました。

塗装業者選びの注意点を伝える

塗装工事を頼む際に重視するポイントは「業者選び」であることを施主様に認識していただけるように、気を付けて見て欲しいポイントとして「施工面積の計算方法」「見積もりの記載方法」などを記載しております。

塗装業者を選ぶ際に気を付けておくポイントをなるべく細かく記載することで「自社では遵守できていること」の訴求となり、それが自社のPRポイントになっています。

塗装工事へのこだわりを伝える

それぞれの工程に対して、具体的に「なぜ必要なのか?」「どのような点で自社の施工は高品質なのか」を記載するようにしています。

プロの施工業者として「丁寧にやっている」というのは、どんな施工業者様にも言えることですが、「自社だからこそ実現できている高品質な施工内容です」と伝えることが信頼を得られるかどうかのポイントになると考えています。

また商談時に、既に他社様から聞いている工程について私から改めて詳しく話すと「そうなんだ!知らなかった!」と言っていただけます。

その言葉を聞くと、自社ならではの塗装工事へのこだわりが伝わっているのだと実感します。

ガイドブックを使用するタイミング

※イメージ写真

天野様現場調査が終わり、お家に上がらせていただくタイミングで使用しております。

26ページにも渡るボリュームのある内容なので、話の内容に困ることもなくスムーズに話を進められています。

また30分~1時間ほどお時間をいただくので、現場調査のアポイントを取る際に、事前にガイドブックの説明をさせていただきたい旨を伝えることを忘れないように注意しています。

結果、使用前と比べると施主様との関係性を築くのが比較的早くなっていると感じています。

まとめ

今回の記事では、株式会社マルテンライフクリエイト様が作成されているガイドブックについてご紹介しました。

天野社長のお話より、自社をPRすることはもちろんですが「施主様の安心に寄り添った説明」をすることがとても重要であると再認識できました。

「自社をPRするツールが欲しい」と思われた方は、ぜひ「自社ならではのガイドブック」の作成をご検討されてみてはいかがでしょうか? 

この記事に関連する用語

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる