コンクリートの鉄筋の錆

劣化症状・劣化要因

鉄筋コンクリートの劣化症状の一種。
鉄筋コンクリートの中性化が進行することで、コンクリート内部の鉄筋が錆び始める現象のこと。
鉄筋の錆びによって体積が膨張するため、その膨張圧力によってコンクリートが押し上げられてひび割れ・爆裂・浮き・錆汁汚染などの症状に繋がる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる