毛細管現象

劣化症状・劣化要因

液体中に細い管(毛管、毛細管)を入れると管内の液面が管外の液面より上または下に移動する現象のことで、液体の表面張力や毛細管材料の濡れ性などが関係して起こる。毛管現象ともいう。
雨水が躯体のひび割れなどの隙間に浸入する場合に毛細管現象が働くこともある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる