コンクリートの塩害

建材劣化症状・劣化要因

コンクリートの劣化症状の一つ。
「飛来した外部からの塩分」もしくは「コンクリート内部に含まれていた塩分」によって、コンクリート中の塩分濃度が一定以上になってしまうと、セメントの強アルカリ性で形成された鉄筋表面の薄い不働態被膜(黒皮とも呼ばれる)を破壊する。その結果、新たな発錆で鉄筋が体積膨張し、コンクリートを押し上げて、ひび割れや剥離が発生すること。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる