金属の塩害

建材劣化症状・劣化要因

金属の劣化症状の一つ。
金属は、一般的に酸化する(錆びる)ことで安定になろうとする性質があるため、自然環境で徐々に錆が発生する。更に、金属表面に塩分が付着すると、電流が流れやすくなり、金属がイオンとなって金属酸化物の生成(腐食)を促進させる被害のこと。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる