発火点

性能

空気中で物質の温度を上昇させて、発火する限界(最低)温度のこと。
発火点が低いポリエステル塗料などでは、反応が進んで発熱して発火することがある。そのため、このような塗料が染み込んだウェス、付着した養生シートなどをごみ袋に入れて、放置すると自然発火する場合もある。
塗装された塗膜は厚みが薄いため、自然発火するほどの熱エネルギーが溜まることはない。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる