難燃性

性能

有機分(燃焼成分)はあるが火がつきにくく燃えにくい性質のこと。
建築基準法では、火災などで火熱が加えられた場合に、加熱開始後5分間は「燃焼しない・変形や溶融、損傷を生じない・避難上有害な煙やガスを発しない」を満たした建材について、認定したものを「難燃材料」と呼ぶ。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる