シーリング材の膨れ

シーリング材不具合塗料

シーリング材の主に増し打ちを行った際に、シーリング材目地上で膨れが発生する現象。増し打ちした際に、旧シーリングとの間に空気を含み、そこに直射日光が当たることで、閉じ込められた空気が膨張し膨れが発生する。特徴として膨れ箇所を切開すると空洞が確認できる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる