機械固定工法

防水材工事・工法

シート防水改修工法で躯体にシートを直接接着せず、躯体の亀裂や振動、目地の挙動などの影響を受けにくくする工法。最初に絶縁干渉シートを貼り、等間隔で塩ビシート固定用のディスクを取り付けた上に塩ビシートを熱融着固定する。後に脱気筒を設置し、「機械式固定工法(絶縁工法)」が完成する。ディスク板を先に固定するUD工法と後打ちするUS工法に分かれる。
なお、ウレタン防水改修工法でも通気緩衝用シートを下層に設置する「機械固定工法」がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる