通気緩衝シート

防水材工事・工法副資材

公共建築改修工事標準仕様書のウレタン防水通気緩衝工法(X-1工法)の下層に使われるシートのこと。材質は、クロロプレンゴムなどで下地に含まれる水分による防水層の膨れを防ぎ、下地の挙動を緩衝する。下地が押さえコンクリートなどで、水分が多く含まれている場所に適しており、屋上、開放廊下、階段室、ベランダ、ルーフバルコニーなどあらゆる場所に施工可能。なお、通気緩衝シートの裏側(押さえコンクリート側)は、溝が掘ってあり、コンクリートの湿気がこの溝を通り道として脱気筒から排出される。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる