通気緩衝工法

防水材工事・工法

屋上防水の既存下地がアスファルト防水層押さえコンクリート(シンダーコンクリート)などの場合に使用する通気緩衝工法。下地のコンクリートに密着工法で防水工事を行うと、コンクリート内の水分が発する水蒸気によって、防水層に膨れを発生させてしまう。そこで、膨れを防ぐために通気性能がある通気緩衝シートを下層に設置し、脱気塔を設けることで蒸気を逃がす防水工法。
防水改修工事におけるウレタン塗膜防水改修工法で実施される。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる