X-1工法

防水材工事・工法

公共建築改修工事標準仕様書のウレタン塗膜防水工法の一つ。別名、通気緩衝工法、絶縁工法とも呼ばれる屋上防水の改修工法。アスファルト防水層押さえコンクリート(シンダーコンクリート)下地の場合、目地部分から押さえコンクリート内に含水している水分による膨れに対応する性能が求められる。そこで、下層に通気緩衝シートを入れて水分による膨れや目地の挙動への対応がこの工法で可能となった。脱気筒、改修用ドレンの設置が必須となる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる