ルチル型酸化チタン

色・顔料

酸化チタンの結晶構造の一種。
結晶構造が正方晶系で高温生成型の酸化チタンのこと。光活性(光触媒反応)が低く安定しているため、主に塗料などの工業材料に白色顔料、隠蔽力を目的として使われている。光触媒反応においてはアナターゼ型酸化チタンの方が高い。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる