光触媒反応

色・顔料

酸化チタンに光(紫外線)が当たることで有機物を分解するエネルギー(ラジカル)を放出し、接触した有機質を分解する性質のこと。
光触媒反応を利用して、空気中の汚染物質(排気ガス・臭いなど)の分解に応用される他、表面が親水性になることから塗布面の降雨による洗浄(汚れ防止)にも応用される。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる