ホームインスペクション

工事・工法規格・法律

住宅に詳しい知識をもつ診断士が住宅の状態を診断・報告すること。
中古住宅は、新築時の品質・性能の違いだけでなく、維持管理や経年劣化の状況で建物ごとに状態の差が大きくなるため、中古住宅の売買において状態の確認・信頼の確保を目的として用いられることが多い。
国家資格はないが、国土交通省がガイドラインを策定し適正な診断・報告が行われるように促している。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる