増し塗り

工事・工法塗料

塗装において、錆びやすい、劣化しやすい、塗装しにくい箇所の膜厚が薄くならないように、厚みを確保するために通常よりも多い回数塗装を行うこと。
例えば、超低汚染リファイン弾性1000MS-IRを塗装する際、シーリング材上に先行して刷毛などで一度塗装を行う作業のこと。
シーリング材上の塗膜のひび割れが発生しやすい箇所の上塗材を厚くすることで、ひび割れの発生を抑制することが目的である。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる