既存塗膜の凹凸模様ムラ

工事・工法不具合塗料

既存塗膜の凹凸模様ムラを艶あり上塗材で塗装すると光の反射が加わるため「艶ムラ」「色ムラ」を生じる現象。
艶が出るほど、模様ムラが気になる。対策として、既存塗膜上に微弾性フィラーなどで新規模様を付けて模様ムラを整える、
艶消上塗材に仕様を変更するなどが挙げられる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる