防蟻

工事・工法

住宅の土台や構造材の木部へのシロアリによる被害を防ぐこと。また、防蟻対策として構造材に直接塗布する工法・土壌に薬剤を散布する工法、床下の地盤面に防蟻シートを張る工法などがある。使用薬剤は、シロアリを駆除する殺虫剤(駆除剤)、シロアリを寄せ付けない忌避剤などがある。
建築基準法で定める一般的な防蟻の処理範囲は、地面から1メートルの高さまでとなっている。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる