チェッキング

劣化症状・劣化要因不具合塗料

塗装作業中に発生する不具合症状の一つで、塗膜表面にひび割れが発生する現象のこと。
チェッキングの発生原因としては、
・塗膜が硬く下地の動きに対して追従できない場合
・一度に厚塗りして中膿状態となり後の乾燥収縮によって発生する場合
・強風時の塗装で表面乾燥が急激に進んだ場合
などがある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる