塗料の加熱残分

試験性能塗料

「塗料の不揮発分」「塗料の固形分」と同義語。
塗料が乾燥した後、塗膜として残る成分の割合のことで、主に樹脂・顔料などが含まれる。
塗料を加熱したとき、溶媒(有機溶剤・水分など)が揮発して残った固形分(樹脂、顔料など)の割合のことであり、「加熱残分量(g)/元の質量(g)」で計算し、%表記となる。
加熱残分は、理論塗膜厚を計算する時にも使用する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる