温冷繰り返し試験

試験性能塗料

JIS-A-6909建築用仕上塗材の試験項目の一つ。
塗装した試験体を
①20±2℃の水中に18時間浸漬
②-20±3℃の恒温機で3時間冷却
③50±3℃の恒温機で3時間加熱
の24時間を1サイクルとし、10サイクル行った後に2時間静置させ、塗膜表面にひび割れ・剥離および膨れがなく、著しい変色および光沢低下がないことを目視で確認する試験である。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる