非破壊検査

試験工事・工法

建築物や構造物を物理的に破壊せず、間接的に内部の欠陥や劣化具合を調べる検査方法のこと。
建設業界では、赤外線を利用した漏水や浮きを調べるサーモグラフィ検査、磁力や高周波を利用した塗膜厚検査やコンクリートのかぶり厚さ検査などがある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる