光沢変化

試験塗料 2022.05.20 (最終更新日:2023.11.09)

初期の光沢度と比べて、その後の光沢低下など、表面光沢度の変化を指す。
なお光沢測定は、光沢計を用いて決まった角度で表面に光を照射し、その反射率(%)で表す。更に、光沢変化率として、変化後の反射率(A%)が初期の反射率(B%)に対する率(A/B✕100%)で表す。
なお、透明や半透明な塗膜などは、光が裏に透過するため、正確な値を測定できない。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介