ポリ塩化ビニル樹脂

付帯部塗料

塩化ビニルを繰り返し結合させた高分子化合物で、合成樹脂(プラスチック)の一つである。PVCと表記される。多くの部材で使用されており、「耐薬品性」「耐酸性・耐アルカリ性」「耐水性」が高く、安価という長所があり、「耐熱性」「耐衝撃性」が低いという短所がある。可塑剤(樹脂を柔らかくする添加剤)の添加量を調整することで硬質にも軟質にもなる。建築の部材としては、雨樋や塩化ビニル鋼板や樹脂サイディングのコーティング材、床材・防水材などに広く使用されている。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる