小庇

建物部位建材付帯部 2022.09.26 (最終更新日:2023.11.13)

雨よけや日よけのために開口部上部の外壁面に取り付けられた小さな庇。

庇とは、窓や出入口(玄関・エントランス)などの開口部上に作られたでっぱり部分(小さな屋根)のこと。日差しや雨が、直接開口部へ当たることを庇の中でマンションなどコンクリート構造でできた建物では、窓などの上部に部分的に張り出したものを「小庇」と呼んでいる。

アステックペイントでは、大庇・子庇への塗装で下記製品を使用できる。
コンクリート製:エポパワーシーラー、エピテックフィラーAEなど
アルミニウム製:エポパワーメタルJY ※推奨
金属製    :サーモテックメタルプライマーなど
木製     :ガードラックシリーズ、マックスシールドシリーズ(弾性硬化剤)

その他の塗装仕様としては、使用されている材質に合わせて塗料や防水材などを選定する必要がある。防ぐために取り付けられる。

塗装仕様としては、使用されている材質に合わせて塗料を選定する必要がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介