木造枠組壁工法

建材工事・工法 2022.05.23 (最終更新日:2023.11.09)

「ツーバイフォー工法」「2×4工法」と同義語。
六面体構造による耐震性、断熱性、気密性などの性能の高さに加え、設計・生産の品質が確保し易く、環境にやさしい木造住宅の構造のこと。柱や梁の代わりに壁、床、天井、屋根部分を構成し、それらを組み合わせて箱状の空間をつくる。既製サイズの角材に合板をあわせて組み立てていくという単純な工法であり、高度な技術が必要ないのも特徴である。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介