エチルアルコール

塗料

揮発性の無色液体で、特有の芳香を持ち、引火点が低く、非常に燃えやすい特徴がある。正式名称(慣用名)としてエタノール、酒精とも呼ばれている。エタノールには大別して2種類があり、エチレンが基になっているものは「合成アルコール」、糖蜜などの農作物が原料になっているものは「発酵アルコール」とそれぞれ呼称される。塗料業界では、合成アルコールを主に使用している。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる