ラジカル制御塗料

塗料

従来の塗料の白色顔料を「ラジカル制御型の白色顔料」に変更し、耐候性を向上させた塗料のこと。
一般的な白色顔料「酸化チタン」は紫外線によりラジカルを発生させてしまうため、有機物(樹脂・有機顔料)を劣化させてしまう。ラジカル制御型酸化チタンでは、酸化チタンの表層にセラミックのバリアー層が形成されているため、発生したラジカルを閉じ込め有機物へのダメージを減らし、塗料の耐候性を延命する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる