鏡面光沢度

塗料性能試験 2022.05.20 (最終更新日:2023.11.09)

JIS規格で光沢度は、鏡面光沢度を指す。
塗膜の鏡面光沢度測定は、規定された基準面(屈折率1.569のガラス平面)に塗装を行い、塗膜表面にある角度で光を入射(入射光)し、反対側の同じ角度で反射光(鏡面反射光)を受け止めた場合の比を鏡面光沢度としている。例えば、100の強度の入射光が反射光側で80の強度になった場合は、鏡面光沢度80%(80/100)となる。また塗膜の場合は、一般的に入射光角度60度、反射光角度60度で測ることが多く、これを60度鏡面光沢度という。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介