スタッコ仕上げ

塗料塗装工事・工法 塗装の現場から 2022.05.23 (最終更新日:2023.03.27)

セメント系、けい酸質系、合成樹脂エマルション系などを主成分とし、細かな骨材(砕石・軽量骨材)を多量に混ぜたものをコテや吹付などで塗装し、岩肌のような凹凸模様をつける仕上げのこと。
立体感がある重厚な雰囲気をもち、豪華に仕上がる。

アステックペイント製品では、下記の下塗り材製品を使用できる。
・チョーキングが発生している場合:エピテックフィラーAEⅡ、ホワイトフィラーAⅡなど
・仕上材が激しく劣化している場合:エポパワーシーラー+エピテックフィラーAEⅡなど
・旧塗膜がフッ素、無機の場合: プレミアムSSシーラープライマー
・旧塗膜が光触媒の場合: プレミアムSSシーラープライマー(白のみ)

関連記事
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
近年の戸建て住宅において最も普及率が高い外壁材は「窯業系サイディング」です。 実際に「塗替え工事をする施工実績の大半は窯業系サイデ
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる