上塗材の隠ぺい不足

塗装工事・工法不具合

上塗材塗装後、下地や下塗材の色が透けて見える仕上り不良のこと。
ローラー塗りにおいて、凹凸のある下地の凸部・金属板などの平滑下地において発生しやすい。
なお、隠ぺいができているかの確認方法としては、一部にもう一度塗り重ねて、周辺と同じ色であれば十分隠ぺいしている判断できる。もし、異なった場合は隠ぺい不足となるため再塗装が必要となる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる