掻き落とし

塗装工事・工法

左官仕上げの1種のことで、剣山のように先が針のようにとがった道具を使い、仕上げ表面を粗く掻き落として仕上げる方法、もしくは仕上がった壁のこと。
混入された骨材の粒度が大きければ、凸凹にざらついた表面になり、逆に小さいと細かくざらついた表面になる、また搔き落とし量の大小により絶妙な変化をつけることもできる

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる