焼付塗装

塗装工事・工法

建材表面に塗料(粉体塗料・溶剤塗料)を吹き掛けて、熱(100~200℃)を加えて、硬化させる塗装方法のこと。
一般的な塗装方法に比べて、塗装後、高温で加熱するため、塗膜の硬度や耐久性が高くなる。
メラミン焼付塗装・アクリル焼付塗装・フッ素焼付塗装などが挙げられる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる