面積効果

色・顔料塗装

面積によって同じ色でも色味の見え方やイメージが違ってくる効果のこと。
面積が小さいものに塗られた色と大きいものに塗られた色では同じ色でも見え方が異なる場合がある。
色見本で選んだ色を外壁に塗装した後に見ると、明るい色はより明るく、暗い色はもっと暗く感じる現象が面積効果と言う。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる