ピンホール

塗料塗装不具合 塗装の現場から 2022.04.18 (最終更新日:2023.11.09)

塗膜を針で突いた程度のごく小さな穴(φ1mm以下)が下地や既存塗膜まで達している状態。
破泡跡とピンホールは見た目が似ているが、塗膜の表面で発生した蛸壺状の穴が破泡跡、塗膜を貫通している針で着いた程度の深い穴がピンホールであるという特徴を持つ。
ピンホールは下地に巣穴がある場合に塗装した際に、内部の空気と置き換わらず巣穴を埋めることが出来ない状態の場合に発生する。
ピンホールが原因となる塗膜剥離などは発生しないが、内部に埃がたまり、汚れや苔・藻の発生に結び付きやすく美観を損ねる場合がある。

関連記事
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
近年の戸建て住宅において最も普及率が高い外壁材は「窯業系サイディング」です。 実際に「塗替え工事をする施工実績の大半は窯業系サイデ
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介