コア・シェル構造

性能塗料

水性塗料用樹脂の場合、粒子状になっていることから、粒の内部(コア)と表面(シェル)を異なる2層の樹脂から構成すること。
例えば、塗り替えを行う場合、下地が金属であれば熱膨張収縮、たわみや振動がある。また既存塗膜にも柔軟性が残っている、強度低下しているなどが想定される。そこで、塗り替えに用いる上塗材は、硬くならず、可とう性があり、表面に粘着性がなく汚染しにくいことが望まれ、樹脂(粒)の内部に柔軟性、表面に非粘着性の樹脂のコア・シェル構造の樹脂にすることで要求性能が達成できる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる