レベリング

性能塗料

塗料の場合、塗装した直後の塗料が流動して、平らで滑らかな塗膜になる性質のこと。
レベリング性は一般的に溶剤塗料の方が高く、水性塗料の方が低い傾向がある。塗料の粘性が低い時ほどレベリングしやすいが、ダレやすくなってしまう。また、夏場など塗装面が高温状態の場合、塗料表面がすぐに乾燥してしまい、レベリングせずに刷毛目やローラーの継ぎ目が目立って仕上ってしまうことがある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる