使用量

性能塗料

「塗布量」「所要量」と同義語。
塗料の性能を発揮し、きれいに仕上げるために必要な「塗着量」と塗装作業時に塗着しない損失分「塗装ロス」を合計して設定されている単位あたりの基準量のこと。
製造メーカーが決定し、各製品に数量が設定されている。
通常は1㎡あたりの使用量(Kg)で表記している(単位:kg/㎡)。
さらに、下地の形状(平滑・リシン・スタッコ・吹付タイルなど)が様々なことから塗布量に幅を設けている(例:0.25~0.35kg/㎡)。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる