経過観察

性能塗料

定期的に状態を観察し、塗装した当初と比べて変化がないか、異常がないか確認すること。
建物の塗膜の経過観察としては、色の変化、汚染、光沢低下、チョーキング有無、計器による測定などある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる