色の被り

性能塗料 2022.05.20 (最終更新日:2023.11.09)

隠蔽性と同義語であるが、塗装職人が使う現場用語のひとつ。
塗装をした際に下地の色や旧塗膜の色を覆い隠す性質のこと。
塗料ごとに決められている塗布量(膜厚)を塗ることで隠蔽性を発揮して、透けることなく仕上がる。
下塗材や下地が透けている場合、美観を損なうだけではなく、膜厚が薄く遮断機能に欠けるため早期の塗膜劣化に繋がる場合もある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介